教員からのメッセージ

卒業式を迎えるにあたって思うこと

ようこそKLAS

ジョン サウスワース

ジョン

 

 

冬時間から夏時間にすでに変わっているので、日が長くなり、夜でも明るい時間が増えました。レザンの町の雪はほとんどなくなり、草は緑色に変わり始め、木々は再び芽吹き始めています。

 

誰にとってもこれらは春の訪れを表しますが、KLAS(スイス公文学園)の私たちにとっては学年度末が近づいて来たことを表します。

 

つまり、「卒業式」が近いということです。

 

私たちの生徒の3分の1が、彼らが望むか望まないかにかかわらず、翼をはばたかせて世界中の新しい目的地へ向かうことになります。

 

KLASでの卒業式シーズンは忙しく、特別な時間です​​。期末試験が終了してから卒業式まで5日しかありません。その間、生徒たちは自分の持ち物の荷造りをしなくてはなりません。

 

卒業式までの数日間でたくさんの学校行事がありますが、関わる人数は、「少人数」から「学校全体」というように様々です。

 

表彰式では、社会生活面、勉強面、スポーツ面のそれぞれの分野で成果のあった生徒たちを表彰します。

 

ファカルティーファミリー(教職員と生徒でつくる家族制度)では、最後の食事となるバンケット(晩さん会)があります。

KLASでは本当の家族の代わりに3年間「ファミリー」と呼ぶグループがあります。そのバンケットは、卒業する生徒たちにとって「ファミリー」で食事をする最後の機会となります。

 

教職員、保護者、卒業する生徒が集まって、同窓会入会式及び懇親会もおこないます。そこでは、間もなく卒業する生徒たちを広がり続ける本校卒業生のネットワークへ歓迎する行事です。

 

卒業式では、素晴らしいエーグル城で一日を過ごします。

KLASの広告を最初に電車や雑誌で見かけたとき以来、多くの生徒が「夢見てきた瞬間」です。

式典終了後、最後にエーグル城の中庭で青空に向かって卒業する生徒全員で帽子を投げるのです。

 

卒業式は、全校生徒が関わります。

その日は、生徒、保護者、教職員の誰もがお祝いをします。笑顔もありますが、もちろん涙もあります。終わってしまうことは寂しいことでありますが、このひとつの区切りが無事に終わっていくことが幸せでもあります。

 

卒業式の翌日、トップロード(KLASの校舎がある上の道)では別れを惜しむ人々(生徒、教員、保護者)の声を聞いたり涙を見たりします。それらは純粋な心からのものです。

 

私の高校時代と比較すると違いがあります。

私の年齢以上のほとんどのイギリス人にとって、「卒業式とは大学でおこなわれるもの」という認識です。

ガウンと帽子については、いくつかの中学や高校、さらには小学校でも卒業式で見かけるようになってきていますが、通常は大学の卒業式で見かけるものです。私は小学校から高校まで同じ学校に通いました。1502年に設立された歴史のある私立の男子校(当時)でしたが、卒業式はありませんでした。

 

イギリスでは年度の持ち方が異なり、高校を終える時期に外部試験を受けるシステムがあるために、卒業式を実施することがとても難しかったのです。

 

6月の1ヶ月は、外部試験に専念します。 いくつかのコースではさまざまな試験があり、生徒たちはそれぞれ違うコースを選択しています。試験があるときだけ学校に行く必要があり、試験がないときは自宅で試験勉強をしていました。外部試験であったため、成績は送られてくるものでした。

 

つまり、高校で習っていた先生たちが自分たちの成績を評価するわけではありませんでした。外部試験であったために成績はかなり後の8月に届くものでした。その時期は、すべての学校は休暇中であり、多くの家庭でも休暇で出かけていました。

 

試験の結果が発表の日、私は休暇に出かけず、車を運転して学校へ行き、メインオフィスを訪れました。そこで封筒を受け取り、封を開けました。大学へ行くために必要な成績が取得できたのを知り、非常に安心しました。車で家に戻り、母親にこのことを知らせました。

 

その時ともかく私は落胆することはありませんでした。必要な成績を取ったので、私は満足でしたし、私の家族も喜んでくれました。ですが、学校では何もお祝いする行事などありませんでした。学年末は成績を受け取る数週間前に終了していましたし、最後のホームルームミーティングや最後の全校集会、友達と写真を撮ったり、メッセージを交換したりすることはありませんでした。イギリスではイヤーブック(卒業アルバム)の習慣もありませんでした。

 

おわかりのように、私が経験してきたことと、KLASの生徒が経験できる卒業とは、非常に大きな違いがあるのです。私はKLASの生徒をうらやましく思いますが、違うのは当たり前のことかもしれません。

 

KLASを卒業することは紙切れ1枚の卒業証書を受け取ること以上のものがあるのです。

 

3年間の学業での「成果」を祝うものなのです。

3年間の寮生活で「成長したこと」を祝うものなのです。

3年間さまざまな国と自分の国、「両方の文化を理解しようと努めたこと」を祝うものなのです。

そして、3年間の友情、生徒たちが「かけがえのない強い絆」を築いたことを祝うものなのです。

 

私がこれまでKLASで見て来た卒業式の20回目がどうなるか楽しみにしています。毎年エーグル城の同じ部屋で行われます。

卒業生の顔、音楽、スピーチは異なりますが、お祝いする気持ちに変わりはありません。

 

 

(以下、原文)

Welcome to KLAS

 

John Southworth

 

The clocks have moved from wintertime to summertime, so the days are getting longer and the evenings are getting lighter. The snow has almost gone in Leysin village. The grass is beginning to change from brown to green, and the trees are beginning to have leaves again. It is a sign for everyone that spring is coming, but for us at KLAS it is also a sign that the end of the academic year is near.

And that means that graduation is near. A third of our students will be spreading their wings, whether they want to or not, and heading to new destinations all over the world.

 

Graduation at KLAS is a busy and special time.

 

We have just five days between the end of final exams and graduation day. In that time, students have to pack up their belongings, and there are many events, some involving just a few students, but many involving the whole school. We have an awards ceremony in which we recognize the skills and talents of students for their social, academic and physical accomplishments. We have final faculty family meals and a banquet, our last chance for seniors to eat with the people they have called “family” for three years in the absence of their real families. We have an alumni induction dinner with faculty, parents and seniors, at which we welcome the soon-to-be graduates to our ever-expanding network of alumni.

And then we have graduation day itself at the magnificent Aigle Castle. This is a moment that many dream about since first seeing KLAS publicity material on a train or in a magazine. Finally, they can throw their graduation hats towards the blue sky in that medieval courtyard.

 

Graduation is a day that includes students from all grades, and it is a day for everyone to celebrate: students, parents and faculty. There are smiles, and tears of course. There is sadness that a chapter is closing, but there is also happiness that the chapter is closing successfully. The next day, the emotions and tears (from students, teachers and parents) seen and heard on the Top Road, just above the KLAS campus, as people leave Leysin for the last time, are genuine and from the heart.

 

What a difference there is when I compare all this to my high school days. In fact, for most British people of my age or older, graduation is just something that happens at university. The idea of gowns and hats is still associated with university graduation, although some secondary and even primary schools are beginning to have graduation ceremonies. I was at the same school for both my primary and secondary education: a private day school for boys (at the time), rich in history, having been founded in 1502, but still there was no graduation ceremony.

 

The way the school year worked and the British system of having external examinations at the end of high school meant that a graduation ceremony was very difficult to have. The month of June was dedicated to those external examinations. Some courses had several examinations, and students took a different number of courses. We only had to go to school when we had exams. At other times, we were supposed to be at home revising for the exams. Because the exams were external, they were sent away to be graded; they were not graded by our teachers. This meant that the results were not available until much later – in August. At that time, all schools were on holiday, and many families were also away on holiday. I was not on holiday on the day that the results were released. I drove to school, went to the main office, collected an envelope, and opened it. To my great relief, I had the grades necessary to be able to go to university. I got back in the car, drove home, and shared the news with my mother.

 

At that time, I was not disappointed in any way. I had the grades I needed, so I was happy. My family was happy for me, and we celebrated at home. But there was no celebration at school. The school year had finished several weeks before that, so there was no opportunity for a final homeroom meeting, a final assembly, pictures or messages with friends. There wasn’t even a tradition of having school yearbooks in the UK.

 

You will see, therefore, that there is a huge difference between my experience of graduation and a KLAS student’s experience of graduation. I envy the students here, but, to be honest, it is right that there should be a difference. I lived at home, and I did all my studies in my native language. Graduation from KLAS is about much more than getting a piece of paper, a certificate, with a date and signatures on it.

It is about celebrating the successful completion of three years of academic successes and overcoming, at times, failures. It is about celebrating thriving during three years of living in a dormitory. It is about celebrating three years of understanding cultures: both those of other countries and that of your home country. It is about celebrating friendship, for students make bonds that may never even be equaled.

 

I am looking forward to what will be the twentieth KLAS graduation ceremony that I have witnessed. Each one is at the same venue and even in the same room. The faces are different, the music is different, and the speeches are different, but the feeling of celebration every year remains the same.