イベント・レポート

2017年卒業式

写真1 写真2



5月27日、エイグル城にてClass of 2017 (2017年卒業生)の卒業式が挙行されました。
卒業生は3年間、集団生活の中で異なる言語、文化、考え方を吸収し、見違えるように成長しました。
教職員一同、卒業生そしてご家族の健康とご活躍を祈っています。
また、第二の故郷であるスイス、レザンに来訪してくれる日を待っています。
(卒業式の様子は公式Facebookページもご覧ください)
卒業式における校長のメッセージを和英両文で掲載いたします(原文は英語)。


(和訳)
ご来賓や保護者並びにご家族の皆様にお慶びを申し上げるとともに、これまでのスイス公文学園高等部へのご支援に深く感謝申し上げます。
卒業生のみなさん、こうしてガウンに身を包んだ姿を前にすると、みなさんが3年前に初めてスイスに来た時のことを思いだします。
みなさんは未来への大きな希望を抱いていましたが、その裏には不安も見え隠れしていました。
あれから3年の間に、みなさんは多くのことを経験しました。その間に、誰もがたくさんのことを成し遂げ、大きく成長しました。
今日は、それがみなさんにとって何を意味するかを一緒に確認してみたいと思います。
3年という時間を振り返るためのキーワードはRelationship「関係」です。
この「関係」という言葉を使って、ここでの生活を掘り下げてみましょう。

私が思うに、みなさんは新しい「関係」を築くことで世界を広げてきました。
まず初めに、みなさんは異なる文化との間に新しい「関係」を築きました。
スイスに住んで、セプテンバートリップ、文化旅行、ボランティア旅行や個人旅行などいろんな所にでかけました。
行った先々で、多くのものを見聞し感じました。
それは異なる文化を理解するための大きな最初の一歩でしたが、それは日本にいてはとてもできることではありませんでした。
日本にないことを見聞したり経験したりすることは、学校の中にもありました。
ここは日本人学校ですが、文化としては日本だけではなく、日本以外の文化をも内包する学校です。
教職員の半分以上は日本人ではなく、むしろそれは多文化の学校だと言えるでしょう。
みなさんは、教科の勉強や指導の方法、行事のやり方に、日本との違いを見いだしたはずです。
多くの国を見聞きし、日本人以外の先生と共に学ぶことは、真の異文化理解に繋がります。
これこそが、みなさんが将来、異なる人々とより良い「関係」を築くための基礎となることでしょう。
キーワード「関係」の二つ目の意味は、異なる人々とのコミュニケーションにあります。
知られている通り、スイスはフランス語、ドイツ語、イタリア語などを話す人たちが暮らす多言語の国です。
彼らは互いにどうやってコミュニケーションを図るのでしょうか。答えは簡単です。
フランス語圏ではドイツ語を、ドイツ語圏ではフランス語を勉強するので、彼らには通じる言語を探すのに問題はないのです。

まったく同じことがKLASにもあてはまります。
私たちは共通の言葉、英語を学ぶので、互いのコミュニケーションに問題はないのです。
KLASには本格的な英語プログラムがあり、みなさんは英語を第2言語として習得するために懸命に努力しました。
それは決して簡単なことではありませんでしたが、今では、英語の力がつけばつくほど、異なる人たちとのコミュニケーションはよくなることがはっきりしたでしょう。言語の大切さが分かったことでしょう。だからこそ、みなさんは英語の勉強に努力したのです。
みなさんは、言語が違う人たちを繋げることを理解しつつ、英語を獲得したのでした。
「関係」という言葉をここでの生活にあてはめる三つ目の対象は、寮生活です。みなさんは共同生活と仲間づくりを経験しました。
友人たちといつも一緒にいられるのですから、その生活はきっと楽しいものだったでしょう。
しかし、時には困難なこともあり、フラストレーションを感じることだってあったはずです。
友人たちといつでもうまくやっていけるわけではないのは、なぜでしょうか。
それは、他人と一緒に生活しているからです。「関係」を常に良好に保つことは簡単なことではないのです。
それでも困難な時を経て、みなさんは、他人は自分とは違うこと、他者を尊重しなくてはならないことに気がつきました。
私は、卒業生たちの誰もがRespect others という言葉の大切さを理解していると信じます。
Relationship という言葉の日本語訳の一つは「きづな」です。みなさんは確かな友情を育みました。それは今日をもって終わるわけではありません。
この友情はとても強固なものですから、これからもずっと続き、困ったときはいつでもあなたを助けてくれるでしょう。
最後にまとめると、みなさんの3年間は次のことが強調されます。

 1)みなさんは、異なる文化、異なる価値の相互の関係を理解しました。
 2)身につけた英語力は、異なる人々と結びつくための最良のツールです。
 3)きずなを結んだ経験は、これからの人生の大きな宝となるでしょう。

世界はますますグローバルになりつつあります。
このような国境のない社会では、異なるものを繋ぎ、関係を構築し、信頼を深めることはとても大切なことです。
私は、みなさんのKLASでの経験がこれからの上級の学校で、将来の職業生活で、家庭生活のなかで役に立つことを願ってやみません。
最後に、レザンはみなさんにとって第2の故郷であることを忘れないでください。遠慮なく、学校を訪ねてください。
例年と同じように、さようならの代わりにこう言いましょう、また、いつか、世界のどこかで会いましょう。



(原文)
I am delighted to welcome you, distinguished guests, parents and relatives, to our graduation ceremony today, and I would like to express my sincere appreciation of your strong support for the Kumon Leysin Academy of Switzerland.
Graduates, seeing you sitting here in academic gowns in front of me, I can't help but recall the day you first came to Switzerland three years ago. Your faces were full of mixed feelings. You had great hope for the future, but behind that you couldn't hide your anxiety.
Since then, three years have already passed, and you have experienced so many things. Each of you has achieved a lot and has changed a lot in these three years. Today, I'd like to look at this and confirm what it means for you. The word "relationship" is the key to recalling your three years. I'll try to analyze your time here with this key word, "relationship".
In my view, you have broadened your world by building new relationships.
First of all, you built the relationship between different cultures.
You lived in Switzerland and went on various trips such as September trips, cultural trips, volunteer trips and even privately-arranged trips. You saw and felt a lot of things wherever you went. It is a great first step in appreciating another culture, which is impossible to do in Japan.
Experiencing and feeling non-Japanese things also happens at school. Although there are only Japanese-speaking students in the school, the school culture consists not only of the Japanese culture, but also of non-Japanese cultures. As more than half of our teaching staff are non-Japanese, it is a rather multi-cultural system that we have. You have seen many differences in your course studies: in the way of instruction and in school events.
Visiting many countries and studying with non-Japanese teachers are real cross-cultural understanding. This is a good start for you to build better relationships with different people in the future.
The second use of the keyword "relationship" is in communication with different people.
As you know, Switzerland is a multilingual state where French, German and Italian-speaking people live together. How do they communicate with each other? The answer is simple. They don't have a problem finding a language to speak, since most French-speaking-Swiss learn German and most German-speaking-Swiss learn French. The same thing applies to KLAS. Since we have a common language, English, we have no problem communicating. KLAS has a strong English program and you studied very hard to acquire a second language. This was not an easy task for you; however, you became sure that the better your English skills are, the better the communication with different people is. You knew the importance of language. That is why you studied English hard.
You acquired abilities in English knowing that language connects different people.
The third way I can apply the word "relationship" to your life here is in the dorms. You experienced living together and building relations with friends. Your life must have been fun since you could be always with your friends, talking a lot with them. However, you must have had some difficulties and been frustrated sometimes.
Why couldn't you always get along with others? You know the answer. It is because you live with others. Keeping good relations is not always easy.
After being troubled for a while, you came up with the fact that they are different from you and you have to respect others. I believe every single graduating student understands the importance of these words, "Respect others".
One of the ways to translate the word "relationship" is "kizuna". You made a solid relationship with your friends. It won’t be ending today; this friendship is so solid that it will last the rest of your lives and help you whenever you are in trouble.
In the end, I think your three years can be highlighted as follows:
1) You have recognized relationships between different cultures, which reveal different values.

2) Your English language skills are the best tool in which to bring different people together.

3) The "kizuna" experience is to be treasured for your future.
The world becomes more and more global. Connecting differences, forming relationship and developing trust are very important in the current borderless society. I hope your experiences at KLAS will be useful in your higher education studies, in your future careers and in your future family life.
Lastly, please remember that Leysin is your second hometown.
Do not hesitate to contact or visit us. We always welcome you at your second home. As I do every year, instead of "goodbye", I will say "see you again sometime, somewhere".